薄毛治療について知っておきたいこと

いくら掛かるのか知る

薄毛を治療する、そこに必ず必要となるのが治療費です。一体いくら掛かるのか、それを知ることで今後の予測と治療計画をたてるのにも大きく役立てることができることは間違いありません。

» もっと読む

注意しておきたいこと

薄毛治療を行うにあたって気をつけておきたいのは、たとえAGAだとしても自分でできる戦い方もあるということです。並行作業で進行することで、相乗効果を獲得できると期待できます。

» もっと読む

完成度の高い治療

本気でフサフサな髪を取り戻したい方はAGAを大阪で治療しましょう。しっかり改善効果が得られるでしょう。

フィンペシアに副作用があると言われています。使用をする際に不安を感じるのでしたら、しっかり調べてから服用をして下さい。

AGAを理解するには

まずはAGAがどういったものなのか理解する必要があります。日本語で言うと男性型脱毛症であり、いわゆる薄毛のことを指します。現在は病院で治療を受けることができ、病気と考えられる事もあります。 AGA治療薬の元であるフィナステリドが開発されたのは1991年に遡ります。 初めは1992年に前立腺肥大の治療薬として誕生しました。その後、後遺症として発毛する現象が見られ男性型脱毛症に効果があることが明らかになりました。原理としては男性ホルモンを脱毛に作用するDHTに変換する酵素を阻害するこよにより脱毛を抑制します。 そして1997年に治療薬として認可され、日本においては2005年10月にAGA治療薬としてプロペシアが認可されました。AGAという言葉が日本で知れ渡ったのは病院で治療が始まりCMが始まってからになります。

治療に必要な事とこれからの取り組み

現在では日本男性3人に1人がAGAにかかり、多くの悩みを抱えています。 AGAに悩んだらまずは勇気を持って皮膚科で診察を受けましょう。 病院では薄毛のタイプを判断し男性型であるなら処方と対策がされます。 治療薬としては内服薬としてプロペシアがあり1日1錠1.0mg、進行具合によっては1日1錠0.2mgが処方されることがあります。 外用薬としては毛乳頭細胞を活性化し発毛を促すミノキシジルを配合した薬品が処方されます。日本で認可されているリアップ、海外での商品名ではロゲインがあります。 フィナステリドの効果としてはすぐ実感できるものではなく最低3ヶ月〜6ヶ月必要で、3年で98%が増毛を実感できたという報告があります。これにミノキシジルを併用することによりより効果が期待出来ます。 しかしこれらは根本な解決ではなく脱毛を抑制して発毛を促してるに過ぎません。 最近になってiPS細胞により臨床実験がマウスで行われ成功しており、各所で開発に着手しています。 まだまだ先は長いですが将来は遺伝子治療により根本的に男性型脱毛症を完治できるかもしれません。

医者に相談する

薄毛の問題は医師に相談するほうが圧倒的に確実な改善を期待できます。医師に相談するほうが専門的な治療を受けられることは明らかで、きちんと研究に基づいて成果が立証されている点がその根拠です。

選択肢の考え方

発毛を行うことを考えた時には、薄毛治療を利用することが非常に重要です。薄毛治療の選択肢はどこで施術してもらうかによって変わってくるため、その施術内容と選択肢の考え方を知る必要があります。

ページの上部へ